失敗しない防災セットの選び方

ペットの防災には、ドッグスリング『 erva(エルバ)』がおすすめ!

ペットの防災グッズ「ドッグスリング」erva エルバ

ペットの防災

ペットの防災グッズは必要
震災による死亡や負傷したペットは相当数いますが、メディアでクローズアップされることはありません。

また、ペットは災害の直接的な被害を免れたとしても、飼い主が被災したために飼い続けることが困難で徒労に迷うケースも少なくありません。

このように、ペットは様々な形で震災の影響を受けているのです。

防災パパ

災害から愛するペットを守るのも飼い主のつとめですよね。

震災時に役立つ「ドッグキャリー」はどのタイプ?

ペットの防災(運び方)

大規模な地震が起こると普段は通れた道に瓦礫やガラスの破片が散らばっていたり、一部で浸水や陥没している場合もあります。

そんな悪路で大切なワンちゃんを安全な場所まで避難する手段として、「ドッグキャリー」があると大変便利です。

いくつかタイプがありますが、防災用途で考えると「ドッグスリング」が最適です。

それでは、なぜドッグスリングが最適なのか代表的な4つのドッグキャリータイプを比較しながら見ていきましょう!

防災ママ

ハードケース

ペットキャリー(ハードケースタイプ)

ポイント

  • 片手が塞がる
  • 地震で破損する可能性がある
  • いつも持ち歩くには邪魔

ペットバギー

ペットキャリー(ペットバギータイプ)

ポイント

  • 片手 or 両手が塞がる
  • 地震でタイヤが破損する可能性がある
  • 悪路の場合は走行不可になる
  • いつも持ち歩くには邪魔

リュック

ペットキャリー(リュックタイプ)

ポイント

  • 両手が使える
  • 人の防災リュックを背負えない
  • いつも持ち歩くには邪魔

ドッグスリング

ペットキャリー(ドッグスリングタイプ)

ポイント

  • 両手が使える
  • 胸元に顔がきて、ペットも飼い主も安心
  • 折り畳んでいつでも持ち歩ける

ペットキャリーの比較表

両手の使用 安心感 携帯性 悪路での走行
ハードケース ×
バギー × ×
リュック ×
ドッグスリング

防災パパ

いつ起こるか分からない震災に備えて、
さっとペットを守ってあげられるドッグスリングがおすすめですね!
しかも、コンパクトに持ち運びができて
普段使いにもとっても便利そう!

防災ママ

ドッグスリングとは?

どんな構造?

ドッグスリングとは抱っこひもの一種で、赤ちゃん用のスリングと似たような形で、犬の体型に合わせて犬専用に改良したアイテムです。

愛犬のお散歩時はもちろん、電車などでお出かけした際ににサッ!とペットキャリーから入れ替えて楽に動くこともできるので、防災用途に限らずお出かけ時に必ず持ってくことをおすすめしたいペットグッズの1つです。

ドッグスリングの特長

特長
  • 両手や背中もあく
  • 肩や腰で犬の体重を支えるため、抱っこより飼い主の負担が少なく済む
  • 胸元に愛犬がいるため安心
  • 愛犬も安心感がある
  • 安全に移動できる

災害時だからこそ寄り添ってリラックス

ストレスを軽減し、幸福感を増す幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」は、人と犬が触れ合うことで増幅し、心拍数を下げてリラックス効果があることが科学的にも証明されています。
幸福感を増す幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」災害時は人もペットも不安です。

そんな状況で人の犬の胸をぴたりと寄せ合うことで、お互いに心を落ち着かせることができ、パニックを抑えて冷静な行動を取れるようになります。

私の感想急な災害時に「安全にペットを避難させることができる機能面」「心の安定」を兼ね備えたドッグスリングは、ペットのいる生活には欠かせないアイテムだと思います。

ドッグスリング専門 erva(エルバ)

ペットの防災グッズ「ドッグスリング」erva エルバ

小型犬〜中型犬までの豊富なラインナップ

小型犬〜中型犬までの豊富なラインナップ

erva(エルバ)の嬉しいところは、豊富なラインナップです。
なんと、 1kg 〜 20kg までの大きさに対応しています。

防災パパ

小型なワンちゃんだけじゃないんですね!

360kgの耐荷重(第三者機関試験済み)


中型犬までのラインナップがある erva(エルバ)のドッグスリングですが、そんなに大きな犬を入れても破れたりしないのか心配ですよね?

そんな不安を払拭し、安全に使ってもらえるように 第三者機関「一般財団法人ボーケン品質評価機構」にて専門家に試験を実施したところ、360kgの負荷をかけても縫製・生地共に破れなかったという検証結果が証明されています。

きちんと検証実験を第三者機関で行なっているところが信頼できますし、本当にユーザーのことを考えているんだなという企業姿勢が伝わります。

防災ママ

人の肩腰への負担を軽減する構造

耐久性があり、大きめサイズの犬が入っても安全なことは分かりましたが、人の肩や腰への負担も気になりますよね?

erva(エルバ)は、人間の赤ちゃんの抱っこ紐メーカーの元経営者が考案しただけあって、その辺りもきちんと考慮された構造になっています。

犬の負担について、獣医師に確認済

erva(エルバ)のドッグスリング内の犬の気持ち

犬を運びやすいのは分かったけど、犬はしんどくないの?という心配もありますよね?

実はドッグスリング内の犬の姿勢については、動物病院の獣医師に確認済みで、erva(エルバ)のドッグスリング内の犬は、「お座り」または「伏せ」に近い姿勢になり、痛み・不快感なく膝を曲げてお座りができる犬に関しては「負担がない」という診断を受けています。

防災パパ

大切な愛犬ですから、犬の気持ちも大事にしたいですよね。

動画でわかるドッグスリングの使い方

動画でerva(エルバ)のドッグスリングの使い方を説明
erva(エルバ)の公式サイトには、ドッグスリングの使い方が動画で公開されています。

ドッグスリングへの基本的な入れ方からサイズ調整2頭入れの方法まであり、購入前にどういったものかよくわかる動画になっています。

参考 ドッグスリングの動画集

4つの安心

安心ポイント
  • 日本製
  • 無料修理補償付き
  • 強度試験済み
  • 交換返品可能
erva(エルバ)は熟練した職人が丁寧に縫製し、第三者機関にて耐荷重テストを実施しており、ドッグスリング内の犬の姿勢についても負担にならないか獣医師に確認して高い品質を保った安全なドッグスリングです。

無料修正補償や交換返品サービスは品質に自信があり、犬と飼い主の立場を最大限に考慮しているerva(エルバ)だからできるサービスといえると思います。

開発コンセプト

erva(エルバ)のドッグスリングの開発コンセプト

人間の抱っこ紐メーカーの出身者とスポーツやアパレルブランドのバッグデザイナーがタッグを組んで、知恵と経験を生かして誕生したのがerva(エルバ)の ドッグスリングです。

参考 ドッグスリングの開発コンセプト

お役立ち情報の発信

erva(エルバ)の 公式サイトInstagram ではドッグスリングの使い方や購入者の動画など、愛犬との生活に役立つ情報がたくさん紹介されていておすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ervadog(@ervadog)がシェアした投稿

参考 ervaのインスタグラム

ショップ情報

ネットショップ

ペットの防災グッズ「ドッグスリング」erva エルバのネットショップ

参考 erva(エルバ)多機能ドッグスリング 参考 erva(エルバ)シンプルドッグスリング

全国の取扱店舗

全国の取扱店舗
全国に取扱店舗があるので、もしかしたらあなた近くにも erva(エルバ)があるかもしれません!

参考 全国の取扱店舗情報

実店舗 erva base

実店舗「erva base」

参考 営業カレンダーはこちら
店舗名 erva base
住所 〒550-0003 大阪市西区京町堀2-8-15
近隣にコインパーキングあり
電話番号 06-6131-4959
Instagram https://www.instagram.com/ervadog/
公式サイト https://www.erva-dog.com


防災パパ

今回はペットの防災グッズ「ドッグスリング」についてご紹介しました。
しっかり備えて大切な愛犬を災害から守ってあげましょう。
防災夫婦 BousaiLove)でした。

防災ママ