防災夫婦とは?

防災用のLED懐中電灯「電池がどれでもライト」をおすすめする4つの理由

防災用の懐中電灯「電池がどれでもライト」Panasonic

防災夫婦 BousaiLove)です。

今回ご紹介するのは停電時の強い味方、PanasonicのLED懐中電灯「電池がどれでもライト」です。

ストレートな商品名で説明はいらないかもしれませんが、私も購入した優秀な防災グッズの1つですので紹介したいと思います。

停電時は、かなり心強いLEDライトです。

防災ママ

防災用の懐中電灯「電池がどれでもライト」とは?

電池がどれでもライト

おすすめポイント と 残念なポイント

おすすめポイント
  • 単1~単4電池のどれか1本あれば使用可能
  • 4日連続で使用可能
  • ランタンとしても使用可能
  • ミニペットボトルのようなコンパクトサイズ
残念なポイント
  • 耐水性がイマイチ

防災パパ

では、詳しく見ていきますね。

おすすめポイント

単1~単4電池のどれか1本あれば使用可能

電池がどれでもライトは、単1~単4電池のどれか1本あれば使用可能な防災用懐中電灯です。

最大の利点

  • 単1形~単4形の電池がどれか1本あれば、使用可能なLED懐中電灯です。

災害は急に起きます。

急な停電時に備えて懐中電灯用の電池を備蓄している人は少数派でしょう。

どんな電池でも動く懐中電灯であれば、災害時には不要なゲーム機やリモコン、置き時計などの電池を種類を気にすることなく、有効活用できます。

災害時のことを考えて作られた懐中電灯って感じがしますね。

4日連続で使用可能

電池の種類 連続点灯時間
全ての電池を設置した場合 約 97時間30分
単1形電池 約 55時間00分
単2形電池 約 27時間30分
単3形電池 約 11時間30分
単4形電池 約 03時間30分

※乾電池エボルタNEOを使用した場合の時間です。

パナソニックの乾電池エボルタNEO の単1〜単4まで全て装填(そうてん)した場合、「電池がどれでもライト」 は最長で約97時間30分連続使用できます。

つまり、4日連続で使用できるということです。

停電時でも光が必要なのは夜の数時間程度と考えると、連続点灯時間としては安心できるレベルですよね。

ランタンとしても使用可能

電池がどれでもライトはランタンとしても使用可能

2WAYタイプ

  • 目的地までは「懐中電灯」として使える
  • 目的地では「ランタン」として使える

床置きできるので、ランタンを囲ってご飯を食べたり、探し物をしたり、用途に合わせて使い分けれて便利です。

ミニペットボトルのようなコンパクトサイズ

電池がどれでもライトは、ミニペットボトルのようなコンパクトサイズ

本体サイズ

  • 幅135 × 奥行80 × 高さ125mm

取っ手部分を除くと、ミニペットボトルとほぼ同じサイズです。

しかも、約200gの軽さ で大きい取っ手が付いてるので子供でも持ち運びに便利です。

残念なポイント

耐水性がイマイチ

電池がどれでもライトの防水性能
「電池がどれでもライト」 の防水等級は「IPX1」です。
Panasonicの商品説明ページには、「小雨の中でも使える防滴構造」と表記されていますが、IPX1は「垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない」レベルです。

災害時は雨天の場合もあり得ますし、暗い停電時にうっかり水をこぼしてしまう可能性だってあります。

懐中電灯としては、もう少し防水等級を高いレベルに引き上げて欲しいところですね。

まとめ

おすすめポイント
  • 単1~単4電池のどれか1本あれば使用可能
  • 4日連続で使用可能
  • ランタンとしても使用可能
  • ミニペットボトルのようなコンパクトサイズ
残念なポイント
  • 耐水性がイマイチ

さて、「おすすめポイント」と「残念なポイント」を紹介してきましたが、総合的に評価すると、災害時にかなり頼りになるLED懐中電灯と言えます。

懐中電灯は一家に1つでは足りません。

一緒に住んでいる人数分を備えておくのがベストですし、あなたの家にもこの優れたLED懐中電灯を加えてみてはいかがでしょうか?

防災パパ

カラーバリエーションは、赤と白がありますが、なぜか赤が高いので私は白色を購入しました。
家族でキャンプのときも「電池がどれでもライト」を持っていくのですが、かなりいい仕事しますよ。子供たちにも人気です。

防災ママ